ピアノ講座

バイエル105番

line

それでは、バイエル105番へ進みます。ここからの2曲は半音進行の 練習曲となります。とても難しいですが、これを乗り切ればバイエル 卒業です。頑張りましょう。

line

バイエル105番は、4拍子でハ長調の半音階練習曲です。半音階 とは、白鍵・黒鍵含めて一つずつ順番に弾いていく音階で、鍵盤のどの 位置からも始める事ができ、また終わる事ができます。この特性上、 調性による明確な違いはなく、24のすべての調とも半音階であるなら、 同じような指使い・同じような動きとなります。バイエル72ページに半音階 の練習が書かれています。まずはこれをゆっくり練習してください。 指使いはここに書かれているのが基本です。ミとファ、シとドの間の ように、隣同士の鍵盤が白鍵同士の場合は2の指が入り、後は、1と 3の指を交互に使います。しかし、半音階の指使いは場合によって色々 あり、バイエル105番のように、1・2・3・4・5と順番に弾き進める 方法もあります。105番は右手の半音階練習となっていますが、黒鍵と 黒鍵の間を弾かなければならないなど、指の太さによっては、とても弾きにくいパターンに なっています。どうしても弾きにくければ、1と3の指で弾くなど、 指使いを自分の弾きやすいように変えてしまっても、結果的に無理なくきちんと 弾ければいいのではないかと思います。速度はゆっくりでも構いません ので、綺麗に弾けるようになるまで練習しましょう。

左手の伴奏は、ベース音保持タイプの今まで練習してきたものです。 ベース音が、5の指→4の指、4の指→5の指へ移るときには、レガートで 音が切れないように弾きましょう。指がカクカクせずに楽に弾けるように なったら、バイエル105番はクリアです。次はいよいよバイエル卒業 練習曲に進みます。

line

バイエル105番

line


ひとつ前に戻る  トップへ  ピアノ講座メニューへ  次へ