ピアノ講座

バイエル19番〜22番

ではとりあえずバイエル19番と20番へ進みます。 指の配置は、この2曲ともバイエル14番と同じです。右手、 左手ともドレミファソの鍵盤上に指を配置しておきます。 2曲とも目新しい技術の習得はありません。曲を弾く事に慣れる 練習と思って、さっさとクリアしてしまいましょう。

バイエル19番は、左右非対称・ユニゾンを弾く時の指の 動きと同じ弾き方の練習です。スラーの付き方に注意して練習します。 右手と左手がバラバラになってしまわないよう、流れるように弾きましょう。

バイエル20番はの注意点は、バイエル17番と同じです。 次のバイエル21番を練習する前のウォーミングアップも兼ねて いますのでスラスラ弾いちゃって終わらせましょう。

バイエル19・20番

では、バイエル21番と22番へ移ります。指の配置は2曲 とも今までと同じです。21番は、左手の 伴奏がいかにもピアノっぽくなってます。ドソミソ〜のパターンです。 一つ前の20番がしっかり出来ていれば、それほど難しくないと思います。 この伴奏パターンはバイエルの最後まで頻繁に出てきますから、しっかり 練習してマスターしましょう。

バイエル22番は、二つの構成から曲が成り立っています。 前半は右手と左手の掛け合い、後半のリピート部分は左右連動した動き の練習です。前半の注意点は5小節目の左手、2分休符がありますので、 前の音を押さえたままにせず、きちんと間(ま)をとってください。 8小節目の左手最後の音は、前でスラーが切れています。忘れないように 反映させましょう。後半は、気の赴くままに盛り上がりながら、滑らかに 弾きましょう。

バイエル21・22番


ひとつ前に戻る  トップへ  ピアノ講座メニューへ  次へ