ピアノ講座

いよいよバイエル第1ステージのボス、44番

では、バイエル第1ステージの最後、バイエル44番に入ります。 この曲は、バイエルでは初めて出てくる技術が入ってます。それは8分音符 です。8分音符をマスターするのは慣れるまで大変むずかしく、しかも これをマスターしなければこの先バイエルを進めていく事が出来なくなる くらいに重要ですので、私の独断でバイエル第1ステージのボスと しました(汗) この曲を仕上げれば第1ステージクリアです。頑張り ましょう。

バイエル44番の指配置はバイエル35ページに書かれている通り、 右手は高い方のドからもうひとつ高い(1オクターブ高い)ド〜ソ、左手は 高い方のド〜ソまでとなっています。35ページの注意書きをよく読んで、 内容について理解しておいてください。練習は、まず片手づつ始めます。 ユニゾンで進行の曲ですが、8分音符以外の部分は今までさんざん練習 してきた事ですので、問題ないと思います。8分音符の部分は、まず一音一音を 速いテンポの4分音符と読み変えて、今まで練習してきた4分音符での テンポより少しだけ速くして弾いてみます。それから弾ける範囲で徐々に テンポを上げていけば最終的に8分音符になります。8分音符の部分だけ 取り出して、何度も練習してください。

しかし最初からいきなり速いテンポで練習してしまうと、指がおかしい動きを するようになります。それでも無理に練習していけば変な癖が付いて なかなか直らず、しかもいつまで経ってもきちんと弾けるようになりません。 きれいに粒をそろえて滑らかに弾けるようになるまで片手づつゆっくりと 徹底的に練習してください。特に左手はなかなか思うように動いてくれません。 左手は右手以上に練習するようにしてください。片手づつ難なく弾けるように なったら、両手でゆっくり合わせてみます。右手と左手をぴったり あわせられるような速度で弾き始めてください。4分音符と同じになって しまっても構いません。ぴったりあわせることが一番重要です。 それから少しづつテンポを上げていって最終的に8分音符にします。 どうしても右手と左手が思うように合わない人は、前回も触れましたが、まず左手だけ完璧 にします。そしてその完璧な左手に、そっと右手を添えて静かに左手 主導で合わせて行く感じで弾くとうまく行きやすいです。最終的には 普通に弾けるようになるまで注意深く練習していってください。

両方の手が滑らかにぴったりと合って弾けるようになったら 伴奏と連弾してみましょう。伴奏の速さと合わせられるようになれば バイエル第1ステージはクリアです。

バイエル44番
バイエル44番伴奏


ひとつ前に戻る  トップへ  ピアノ講座メニューへ  次へ