ピアノ講座

バイエル62番

それではいよいよバイエル62番に進みます。何がいよいよなのかと言うと、 練習を始めたらイヤでも解るでしょう(哀)。

バイエル62番の指配置は、右手はドレミファソ、レミファソラ、 のそれぞれ高い方ともう一つ高い方に、ソラシドレが真ん中と高い方が 出てきます。ドレミファソ・レミファソラ・ソラシドレが、それぞれ 2箇所づつ出てくるという事です。左手は、ドレミファソとソラシドレが それぞれ真ん中と低い方の2箇所づつと、低い方のファから始まる伴奏が ついてます。ト音記号とヘ音記号が入り乱れている上に、鍵盤上の手の移動も 一小節ごとにオクターブ飛んで、オクターブ以上戻って、またオクターブ… と慌しく落ち着く暇もありません。頭がごちゃごちゃになってしまうと 思います。この曲をクリアするのには少し時間がかかると思いますが、 ここで鍵盤移動をしっかりマスターしておかないと、先へ進んでも大変 さが先延ばしにされるだけです。ここで頑張りましょう。

練習方法としては、まずゆっくり弾く、とにかく慣れる、そして覚えてしまう、 に尽きるのですが、弾くのに忙しくて次がなんの音なのか何処の音なのか 思い出せずに、頭が真っ白になってしまうという人も多いと思います。 曲のパターンは、低い方の音を弾いたら(たとえばドレミファソ)次は1オクターブ 上の同じ音(ドレミファソと同じ音)を弾く、の繰り返しです。レミファソラ 、ソラシドレでも同じです。まずこれを頭に入れましょう。もうひとつ、 ソラシドレの2回目(1オクターブ上の方)を弾き終わった後は、必ず ドレミファソに戻るという事です。以上2点は両手とも共通です。 また左手は、レミファソラが出てきません。 ドレミファソ、とソラシドレ、だけです。つまり、リピートからは、 ソラシドレを2回弾いて、ドレミファソを2回弾く、またソラシドレを 2回弾いて、ドレミファソへというパターンです。ここまで3つのポイント を頭に入れれば、弾きやすいと思いますので、後は鍵盤移動に慣れる だけです。そのほかの注意点は、左手伴奏部の休符、バイエル43ページ に書いてあるスタッカートを理解して練習することです。バイエル62番 は大変ですが、適当に済ませずにしっかりマスターしてください。

バイエル62番


ひとつ前に戻る  トップへ  ピアノ講座メニューへ  次へ