ピアノ講座

バイエル98番

line

ではバイエル98番へ進みます。これも再び8分の3拍子です。

line

バイエル98番は、またヘ長調の曲で、特徴的な同じ旋律パターン の繰り返しの曲になっていて、このパターンのもシンコペーションの一種です。 今までもいくつか出てきましたが、このバイエル98番のように、メロディーが 一番最初の小節の一拍目・頭ではないところ(前の小節にはみ出している) から始まる事を、弱起といいます。弱起の曲は、フレーズの切れ目が 小節線と一致しない事が多く、98番も小節をまたがってフレーズが 構成されています。ですが、98番の場合は、小節の一拍目の音に スタッカーティシモが付いていますので、強く短く弾き捨てるように弾き、 その後にすぐ、4分音符をたっぷり響かせるようなイメージで演奏しましょう。 休符がたくさんありますが、曲のポイントになりますので忘れないように 気をつけてください。

左手伴奏は、すべての音がスタッカートになっています。音の長さ をそろえ、曲のイメージに合わせて弾むように弾いてみましょう。 弱起の曲は、曲の最初がはみ出しているので、曲の最後の小節で、はみ出した 分を調整するのが普通です。バイエル98番も、曲の始まりで8分音符 2拍分、はみ出していますので、最後の小節は8分音符1拍分しか 書かれていません。最初にはみ出した部分と曲の最後の部分を足して、 ちょうど一小節になるのです。ですから、98番の場合はスタッカート が付いているため意識しなくてもいいのですが、曲の終わりの音は、 きちんと楽譜通りに演奏し、気を緩めて無駄にのばし続けたりしないように 気をつけましょう。

line

バイエル98番

line


ひとつ前に戻る  トップへ  ピアノ講座メニューへ  次へ