ピアノ講座

バイエル99番、変ロ長調の音階

line

ではバイエル99番へ進みます。ここでは変ロ長調の音階も練習 します。変ロ長調はヘ長調の下属調にあたり、♭がミにもう一つ増えます。 ヘ長調とはミの音以外は共通音なのですが、指使いは大分変わってきます。 しかし、バイエルでは両手ユニゾンでの音階練習はなく、 加えて今まで2の指から弾きはじめるパターンも何回か練習してきて いますので、このバイエル99番の変ロ長調のスケールは、それほど大きな 問題もなく弾けると思います。また、バイエルではこの変ロ長調をもって 音階の練習は終わりです。ここまで全24の調のうち、長調7つ、短調1つ の、合計8つの調を練習した事になります。

line

バイエル99番は、右手旋律に、同音連打と装飾音符、スケールが 入っています。また、随所(2小節目など)に右手と左手で6度になる和音で 進行するメロディーの部分があります。この部分は両手でひとつのパターン ですからぴったり合わせるように気をつけてください。また、楽譜の なかに小さな音符で書かれた装飾音符があります。この様に拍の前から かかれている装飾音符の弾き方は、大きく分けて2種類あります。一つは、 前打音として拍が始まる前(前の拍の終わり)から弾き始めて、拍の頭の 音符を拍に合わせる弾き方と、もう一つは、拍が始まるのと同時に拍の頭から 弾き始める弾き方です。バッハなどの場合は、ほとんど 後者(拍の頭から弾き始める)で弾く事が多いのですが、バイエル99番 の場合は、どちらでも好きなほうで弾いても構わないと思います。参考 演奏midiでは、前者の、前打音として弾く弾き方になっています。

左手伴奏は、2つの音を交互に弾くパターンが主です。カクカク したりアクセントが付いてしまったりしないように注意し、滑らかに 弾けるよう練習してください。ふわふわと漂っているようなイメージ で弾くと良いでしょう。リピートの部分は、一度鍵盤から一瞬指を離して 弾きなおすようにすると、ピアノにしやすくて、綺麗に聞こえます。 曲の最後、4分音符のように、間隔が広い音符で強弱をつけるのは なかなか難しいので、どうしてもうまくいかなければ、最低限すべて同じ強さで 弾いて、一番最後の音だけ少し抑えて弾くようにしたら良いと思います。

line

バイエル99番

line


ひとつ前に戻る  トップへ  ピアノ講座メニューへ  次へ